嫁とだんなと永久脱毛
ホーム > 抜け毛 > 20代前半からM字ハゲの兆候がありました

20代前半からM字ハゲの兆候がありました

私の年齢現在32歳ですが、20代前半からM字ハゲの兆候がありました。
その頃は何と無く生え際がやばいのではないかと時々感じるくらいで、特に何も対策はしていませんでした。
それから月日が経って、20代半ばには自分がM字ハゲという自覚が湧いてきました。
父親が典型的なハゲなので、遺伝だから仕方ないと思いつつ対策を始めました。
市販の脱毛予防のシャンプーや育毛剤を使用してみましたが、明らかな効果はありませんでした。
そこで当時CMでよく流れていたAGAの相談をしようと、医師の診察を受けました。
医師からは遺伝によるAGA脱毛で、M字ハゲの進行が早いと言われました。
そこから脱毛予防のプロペシアの処方が始まり、内服する日々が始まります。
M字ハゲば病気ではないので保険適用ではありません。
全額自己負担で、1日1錠の30日分が8,000円です。
若い自分にとってはかなり大きな額でしたが、自分の為でもあるので飲み続けました。
一年近く飲み続けましたが、私には明らかな効果が表れませんでした。
効果が表れないと無駄じゃないかと思うようになり、馬鹿らしくなって、内服を自己中断してしまいました。
現在は髪を短髪に刈り上げてます。
意外とこの方が、M字ハゲを隠すよりもすっきりして良い感じです。

M字はげの治療は効果があるのかはこちら